#7982
うめめ
参加者

次男は普通の食事はとらない(好きな食べ物中心)ので、参考にならないかもしれませんが…

私はなるべく気を使いたいという思いはあるものの、まずは次男に普通に食べてもらうことが先なので、食べたいと言ったら比較的どんなものでもOKしてます。
マックのポテトもどん兵衛もスガキヤラーメンもお菓子やパンでも。

飲み物は少し前まで牛乳しか飲みませんでしたが、それも許容していました。

食事は一応、家で手作りを心がけてはいます。

調味料は醤油は脱脂加工大豆のものではなく丸大豆のもの。みりんもみりん風調味料ではなくみりんを買うし、酒も国産の純米の醸造アルコールが入ってないものを使うとか、野菜やお肉も国産を買うとか、出汁は顆粒だしは使わずちゃんととる、という程度。
あとは【まごわやさしい】ご飯を意識するとか。

食は本当にカオスです。
玄米も大豆も本当は体に良くないとか言うし、何を信じてどこまでやったらいいのか…考え始めると何も買えなくてストレスになります。

でもどんな材料で作るかだけでなく、どんな気持ちで食べるかも大切だと思うので、考えて疲れた時は、ニコニコ楽しく『おいしー!』って食べられればそれで十分かなー?とも思います。

ちなみに、腎機能が半分以下に落ちている次男、食の制限を受けていません。生活で気をつけることを先生に聞きましたが、
『制限しないということを気をつけてください(制限不要)』
と言われました。
透析近くにならないと制限はしないみたいです。
それはなによりQOLや成長を大切にしたいし、食の楽しみが減ってしまうから、ということのようです。

どこまでやるべきか、食は本当に難しいですね。