返信先: 娘の脳腫瘍を早期発見できなかった後悔

#50703 返信

まさな
登録ユーザー

こんにちは しろくまさん

私の次男(当時3年生)も、髄芽腫がみつかるまで、2か月もかかりました。

歩行のふらつき でまず、整形外科にいきました。
嘔吐がはじまって、かかりつけの小児科にいきました。

兄弟全員、10年くらい前からお世話になっているかかりつけ医で、懇意だったのですが、小児科に行く前に
整形外科にいったのが気に食わなかったみたいで(耳鼻科とかいくのも、その小児科に了解とってからにしてました)

「吐くのは先生との相性じゃないか」
「歩き方には個性がある」

と、一蹴されました。2かげつかんも。
親の勘は警笛を鳴らしていたのに、かかりつけ医にしばりつけられているかんじでした。

たまたまSAXをしていて、顔面麻痺が見つかりました。SAXしていなかったら見つけていなかったでしょう。
顔面麻痺がおこっても、そのかかりつけ医は紹介状をかいてくれませんでした。
整形外科でかいてもらったら?と。

それで、はじめてそのかかりつけ医の近所の小児科にいって、あれよあれよとすすみ、あと1週間遅かったら痙攣して突然死していたとのことでした。
彼はもう、もとの彼ではありません。
見た目も中身も・・・

人を恨みながら生きるのってつらいです。
診断を誤ったのではなく、見ようともしなかったことに腹が立ちます。
決して許しません。