返信先: きょうだい児への説明、小児がんをどのように伝える?

#5196 返信

ツナマヨ

次男が五歳の時に神経芽腫お診断され、
長男はその時、三年生でした。
4月から中学生になります。

以前にザックリと長男には次男の病気を伝えました。
小児がんという言葉は使っていません。
病名は伝えました。
再発する可能性がある事も。

中学生になるとスマホを持つようになると思います。自分で次男の病気を検索するかもしれません。

何気に先日、長男に聞いてみたんです。
次男の病気の事を詳しく知りたいとは思わへんの?って、、、

長男、即答で
『思わへん!今のまんまで充分やろ!』
私『今のまんま?』
長男『次男、元気やん!それでええねん!』って。『それに、詳しく聞いたらまた色んな事思い出して悲しくなるやん!』だそうです。

maitakeさんがおっしゃった通り、その子の性格によるんじゃないでしょうか?

大人が思うより、子供は敏感で繊細で、そしてある意味鈍感です。
その鈍感さで本人が救われている面も大きいと思います。もしかしたらその鈍感さで防御しているのかも?

主治医や、医療関係者の意見も大切です。
告知も大切な事かもしれません。

ですが、その子その子によって、違うんじゃないかな?とも思います。

私は、本人が聞いてくるまではそっとしておこうと思います。

本人が聞きたいと思った時がその時だと、私は思いました。

最近思うのは、そんなに躍起にならなくてもいいのかも、、、と私は思います。

再発とかになればきちんと説明しなくては、と思いますが、、、『今、元気やん!』
長男の言う通りだと思いました。

我が家は、それでいこう!と思いました。

すみません、、、全然適切なアドバイスでは、、、ないですね(@_@;)